レンタルビデオカメラ、レンタルプロジェクターなどの最新機種が充実!安心サポートと低価格でお届けします。

カートを見るお問い合わせ
ビデオカメラレンタル、レンタルプロジェクターのレンタルカメラショップ 全国宅配レンタル お気軽にお問い合わせください。0120-105-305。営業時間10時から19時 万一の破損や故障に備える 安心補償制度のご案内
ビデオカメラ プロジェクター デジタルカメラ デジタル一眼レフカメラ 交換レンズ 映像機器 音響機器 オプション    
はじめての方はココをクリック!
法人のお客様はココをクリック!
ビデオカメラの選び方3つのポイント

その1 記録メディアの種類 その2 ビデオカメラによくある難しい用語
その3 撮影シーンでの選び方      


[1] 記録メディアの種類

記録媒体(記録方式) MiniDVテープ DVD(8cm) HDD
(ハードディスク)
SDカード
形(イメージ) SDカード xDカード メモリースティック CFカード
メディアの録画時間
(標準画質・標準モード)
60〜80分
(テープ1本あたり)
片面30分
※最大で両面60分
【片面30分】
30GBで約10時間※最近では100GBで約30時間のタイプも 4GBメディアで約40分
頭だし ×
PCへの取り込み

(大抵はソフトが必要)※1倍速の転送しかできない。


PCにファイルをコピーする感覚で簡単に取り込めます。
長所 テープの値段が安い他の方式に比べ画質がよい。 ファイナライズを行えば一般のDVDプレーヤーで再生可能(ハイビジョン撮影時を除く) 記録メディアの交換が不要。大容量HDDですので長時間連続撮影が可能。 コンパクトサイズなので持ち運びに便利。ホコリ、粉塵、衝撃に強い。
短所 頭出しや巻き戻しに手間がかかる。また、PCに取り込む際、大抵はソフトが必要※1倍速の転送しかできない。 8cmDVDディスク自体の最大撮影時間が片面で30分までしかないので連続撮影には不向き。また、ホコリや指紋などの汚れに弱く、振動にも弱い。 衝撃にやや弱い。長時間撮影した場合、PCへ取り込む際に撮影した画像と同容量のHDDの空きがPCに必要。 PCへ取り込む際に付属のソフトが必要。容量が大きくなればなるほど記録メディアが高い。
おすすめ用途 互換性や信頼性が高いのであらゆる用途におすすめ。 DVDプレーヤーで簡単に再生、また撮影した映像を配布するときにおすすめ。 メディアの代金を節約したい。長時間連続撮影におすすめ。 軽く・小さいのが特徴なので、旅行など手荷物を少なくしたい時におすすめ。
対応機種 対応ビデオカメラの一覧はこちら 対応ビデオカメラの一覧はこちら 対応ビデオカメラの一覧はこちら 対応ビデオカメラの一覧はこちら

▲ページの先頭へ

[2] ビデオカメラによくある難しい用語

画素数(デジタルズームを使う方は画素数の多いものがオススメ)

デジタルビデオカメラを選ぶとき、「画素数が○○○万画素あります」
というのを見たことがあると思いますが、
実は動画撮影には画素数はあまり関係ありません。

ハイビジョンカメラを除いた家庭用のビデオカメラでは、
現在最も高画質な記録方式はDVテープ方式です。
このDVテープ方式であっても、1コマあたりの画素数は
720×480=345、600画素ですので、
ビデオカメラの有効画素数として35万画素あれば十分だからです。

ただし、動画撮影でも画素数により左右される場合があります。
それは、デジタルズームを使用する場合です。
遠くのものを撮影するなどの場合は、
画素数の多い機種を選んでください。

さらに、ビデオカメラで動画だけではなく静止画も
撮影する場合は画素数の多い機種がオススメです。
画素数の多いおすすめビデオカメラ
Panasonic NV-GS500
Panasonic NV-GS500


ハイビジョン画質とスタンダード画質の違い

今までのアナログ放送は4:3のテレビ画面で
約34万画素相当しか見れませんでした。
ところが近年ではハイビジョン放送がスタートしテレビ自体も
ハイビジョン対応となり最近の主流となってます。
これに合わせ、ビデオカメラもハイビジョン対応モデルが
主流となりテレビとともに人気が高まっています。

ただし、映像の再生機が出遅れていて、
MiniDVテープ式のビデオカメラ撮影したものを
DVDにダビングするとスタンダード画質でしか保存できないので
特に問題はありませんが、DVD式・HDD式・SDカード式の
ビデオカメラで撮影した映像をハイビジョン画質のまま
DVDに保存しDVDを再生機で再生するには、
AVCHD規格に対応したBlu-rayDiscプレーヤー/レコーダーや、
ソニーのプレイステーション3以外の物でみると
再生機が壊れるのでご注意ください。


おすすめハイビジョンビデオカメラ
媒体:ミニDV 媒体:DVD 媒体:HDD 媒体:SD
Canon iVIS HV10
Canon iVIS HV10
SONY HDR-UX7
SONY HDR-UX7
SONY HDR-SR12
SONY HDR-SR12
SANYO Xacti DMX-HD1000
SANYO Xacti DMX-HD1000

▲ページの先頭へ

手ぶれ補正

撮影時に手ぶれを起こすとどうしても映像もブレてしまいますが、
それを自動的に補正しブレのない映像を撮影できる機能のことをいいます。
方法はいくつかありますが、代表的なのは光学式手ぶれ補正と呼ばれるもの。
これはブレとは逆の方向へレンズやCCDを動かすことで実現しており、かなりの効果を発揮する機能です。

手ぶれ補正のおすすめビデオカメラ
媒体:ミニDV 媒体:DVD 媒体:HDD
Panasonic NV-GS500
Panasonic NV-GS500
SONY DCR-DVD505
SONY DCR-DVD505
SONY DCR-SR60
SONY DCR-SR60


3CCD

光の3原色である「赤・緑・青」それぞれを探知する
専門おCCDを揃えた方式をいいます。
通常のCCDと比較して再現性の高い豊かな色彩が得られるので、
高画質にこだわる方はこの3CCD搭載の
ビデオカメラをおすすめいたします。
光の3原色


画素数の多いおすすめビデオカメラ
媒体:ミニDV 媒体:SD
Panasonic NV-GS320
Panasonic NV-GS320
SANYO Xacti DMX-CA65
SANYO Xacti DMX-CA65

▲ページの先頭へ

光学ズームとデジタルズーム

レンズと撮像素子と焦点距離を変化させて映像を大きく促える方式を光学ズームといい、
撮像素子で促えた映像を機械の内部で拡大処理をするのがデジタルズームといいます。

デジタルズームは画素数によりズームしたときの映像の劣化度が大きく変わってきます。
運動会や発表会など近くまで行けず遠くで撮影する場合には画素数の多い機種を選んでください。

F値

F値とは、レンズの明るさ=レンズが光を集める性能を示す値です。
ビデオカメラではF1.8のレンズが一般的ですが、F1.8レンズより約2倍明るいF1.2レンズを搭載したもモデルもあります。
明るいレンズは、室内など暗い場所での撮影時に効果を発揮します。

パーティーや結婚式・お誕生日会など暗い場所で撮影するような場合にこの数値を参考にして選んでください。

▲ページの先頭へ

[3] 撮影シーンでの選び方

手ぶれ補正

撮影時に手ぶれを起こすとどうしても映像もブレてしまいますが、
それを自動的に補正しブレのない映像を撮影できる機能のことをいいます。
方法はいくつかありますが、代表的なのは光学式手ぶれ補正と呼ばれるもの。
これはブレとは逆の方向へレンズやCCDを動かすことで実現しており、かなりの効果を発揮する機能です。

おすすめビデオカメラ
媒体:ミニDV 媒体:DVD 媒体:HDD
SONY DCR-HC48
SONY DCR-HC48
SONY DCR-DVD505
SONY DCR-DVD505
SONY DCR-SR60
SONY DCR-SR60


旅行やイベント撮影

軽くて小さいビデオカメラをおすすめいたします。
映像を記録するテープやディスクが荷物になることもありますので、
より小さくて軽いものを選ぶときは「HDD方式」か「SDカード方式」を選べば、その両方をクリアできます。

おすすめビデオカメラ
媒体:HDD 媒体:SD 媒体:SD
SONY DCR-SR60
SONY DCR-SR60
SANYO Xacti DMX-CA65
SANYO Xacti DMX-CA65
SANYO DMX-HD1000 Xacti
SANYO DMX-HD1000 Xacti


遠くのものや狭いところの撮影

ズームは遠くの被写体を大きく撮影するための機能です。
ズームには「光学ズーム」と「デジタルズーム」があり、光学ズームは画質が粗くなることなく拡大できるのに対し、
デジタルズームは高倍率になるほど画質が粗くなります。
ズーム機能を重視するなら光学ズーム倍率の高い商品か、
オプションのテレコンバーションレンズを使用することをおすすめいたします。
車の中や狭い部屋での撮影で全員が画面に入りきらない。そんな時はワイドコンバージョンレンズをオススメいたします。

おすすめビデオカメラ
テレコン ワイコン ワイコン
SONY HDR-HC1
SONY HDR-HC1
SONY DCR-HC42E(PAL方式)
SONY DCR-HC42E(PAL方式)
SONY HDR-SR8
SONY HDR-SR8



ビデオカメラ一覧
ハイビジョンビデオカメラ一覧
HDDビデオカメラ一覧
DVテープビデオカメラ一覧
SDカードビデオカメラ一覧
DVDビデオカメラ一覧

▲ページの先頭へ